非常災害時の対応

 非常災害時の対応

Ⅰ 気象災害が予想される時の登校

  午後4時の時点で、中予地区に以下の警報が発表されている場合は、生徒は、自宅学習とする。 

   暴風警報 ・ 暴風雪警報

     大雨特別警報 ・ 暴風特別警報 ・ 暴風雪特別警報 ・ 大雪特別警報

Ⅱ 列車等不通時の登校

  公共交通機関を利用している生徒で、通常利用する公共交通機関が、災害や事故で不通、または、

 ストライキ等で利用できない場合は、原則として代替の交通手段を確保し、登校する。

 (どうしても確保できない場合は、担任に連絡をする。)

Ⅲ 地震・津波等による大災害時の登校

  生徒及び家族の安全確保を第一とし、自宅等で待機する。 

Ⅳ その他の災害や事故等時の登校

  その他の災害や事故等が発生した場合は、各自が状況を的確に判断し、登校できるようであれば

 安全に十分配慮して登校する。

  ただし、愛媛県下に全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達が行われた際は、

 近くの建物や地下(地下街や地下駅舎などの地下施設)に直ちに避難し、続報を待つ。

  その後、メディア等で安全を確認してから登校する。(安全を最優先すること。)

※ 休業日の各種検定や部活動等も、この規定に準じることとし、担当教員及び部活動顧問の指示に

 従うこと。また、原則として学校への問い合わせはしないこと。